「選択箇所へのリンクをコピー」簡単にリンク取得。Googleクロームの便利機能

ブラウザGoogleクロームの便利機能「選択箇所へのリンクをコピー」を知っていますか。

私は最近知りました。
使いどころによっては、とても便利な機能です。

それでは、簡単に使い方を説明します。

選択箇所がマーカーされて、選択箇所のところまでスクロールしてくれる

操作はとても簡単です。

Googleクロームで開いてテキストを選択し、右クリックします。

(画像クリックで拡大↓)

「選択箇所へのリンクをコピー」を選択するとクリップボードにコピーされるので、そのままリンクとして扱えば選択した箇所へスクロールするURLリンクの出来上がりです。

ちなみに、上記画像の選択箇所のURLだとこんな感じになります。。

https://l-tips.com/wp_customhtml/#:~:text=%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%AE%E7%82%BA%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%81%8C%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%8C%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%82%92%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%97%E3%81%A6%E6%88%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%82

日本語が混じってるので、こんな感じになってしまいますね。

実際の挙動は、下記のURLをクリックしてみてください。
(当ブログの記事が別ページで開きます)

実際に試してみる

どうでしょうか。

  • Googleクローム
  • Microsoft Edge

上記2つのブラウザでは確認できましたが、残念ながらFireFoxでは該当のページが開いただけでスクロールはしませんでした。これから対応になるのか、バージョンの問題なのか。

最後に

「多数がGoogleクローム使ってる」と思えば、メールに添付などでも使えないことはないでしょうか。仲の良いクライアントさんなどには使えるかもしれませんが、ここ一番の大事な時には送る前にチェックが必要ですね。

日本語テキストが入るのでURLが文字化けのように長くなってしまうので、自社サイトであればアンカーリンクを設置した方が確実ですね。

ではまた!

< 前の記事
次の記事 >

あなたが興味のある記事かも

Googleユーザーのアイコン・ヘッダー 最適画像サイズ【グーグル】

グーグルのユーザーアイコンのサイズを覚えるためにメモするぞ( ..)φメモメモ アイコンサイズ(ICON SIZE) 800 × 800 ピクセル(推奨) 新しいチャンネル アイコンを作成するときは、以下の推奨ガイドライ […]

Wordのミニツールバーを非表示にしたい。

まだまだビジネスでもよく使われる「Microsoft Word(マイクロソフト ワード)」ですが、色々な機能が使える一方で「余計なお世話」がデフォルト設定になっていると個人的には感じることが多々あります。 うーん、文字う […]

グーグルドライブの共有ファイルがスプレッドシート(エクセルファイル)で開けない。【GoogleDrive】【Excel】【sheet】

仕事で共有してファイルを管理しているのですが、なぜか開けない状態に。 理由は「アカウントの権限がない」です。 いや、あるんです。 順を追って。 いつも同僚と共有しているGoogleドライブの共有フォルダ まず、同僚がエク […]

Acrobat Reader DCの「注釈」折れ線がもうどうにも止まらないを解決したい【PDF】

PDFファイルを開いたり、PFDファイルに簡単な修正指示などを入れたい時に「Acrobat Reader DC」が便利なので使っている方も多いと思います。 ですが、いつからか「折れ線」を使うと「折れ線」が終了できない状態 […]

ワードプレス カスタムHTML

カスタムHTMLが保存できない【ワードプレス】

ワードプレスのウィジェットにある「カスタムHTML」の保存が出来なくて困り果てていたところ、ロリポップサーバーのWAF設定が邪魔していることが判明したので、忘れないようにメモ。 ( ..)φメモメモ。 WAF設定を変更す […]